旧山本条太郎別荘の特別公開ー鎌倉における数奇屋別荘建築の至宝 お庭

お庭と言っても庭石の話です。

母屋は、敷地の中でも高いところにあります。写真は建物の下にある石垣です。門から玄関への途中にあります。荒く、ゴロゴロした状態に積んであり、山の中の雰囲気を出しています。
山本邸石垣玄関側

一方、裏道一部の石垣は、お城の石垣のようなキッチリとした積み方をしていました。こちらは土留めの機能重視なのでしょう。
山本邸石垣裏側

玄関前の敷石に、赤い石を使っています。おしゃれ。
山本邸玄関敷石
山本邸玄関前

ここのお庭のメインは大広間からの眺望。逗子葉山の山並みと鎌倉の海が見えます。
山本邸大広間

大広間前にある巨大な伽藍石。伽藍石とは、お寺の柱の基礎に使われていた石です。これを庭石として使うことが、明治期に、はやりました。
山本邸伽藍石

手水鉢(ちょうずばち)も色々。
山本邸手水鉢大広間前
山本邸手水鉢石仏
山本邸手水鉢茶室前

延段(のべだん)のデザインも楽しいです。
山本邸延段