南方熊楠展へいってきました@国立科学博物館

名前は知っていたものの、よく知らなかった南方熊楠(1867-1941)。国立科学博物館の展示はデータ収集と科学という観点から、わかりやすく紹介されていました。

収集家

とにかく収集家。収集の対象は、変形菌、キノコ、地衣類、藻類。実物を採集して、標本を作っています。人文系の情報も収集。世界中の説話、民話、伝説も集め続けました。オタクです。好きなものを集めつづけた研究者です。展示では、熊楠が採集した標本の実物が展示されていました。きれいに残されています。

米国、英国へ遊学

20代でアメリカへ留学。イギリスにも渡り、大英博物館で自分の気になった記事を写しまくります。明治時代ですから、コピーなんてないです。手で書き写しています。この「ロンドン抜書(ぬきがき)」は、52冊にもなります。なんたって大英帝国の博物館です。植民地の情報や世界中の情報が集積していたでしょう。もう、大興奮だったのではないでしょうか?新しい知識の宝庫ですから。
現代に生まれていたら?
今は、ネットで世界中の論文を閲覧可能です。どんどん知識を集めまくって、ブログを書いて自身の研究を発表し続けたのではないでしょうか。筆まめだったそうなので、世界中の研究者ともメールのやりとりをしたのではないでしょうか。

展示パネルの冊子

展示パネルの内容をまとめた冊子を一人一冊限定でもらえます。500円くらいで販売したらいいのに。美術展の図録のように。利益がでるなら、科博の研究費にあててもらいたいです。

展示情報

南方熊楠–100年早かった智の人–
国立科学博物館 日本館1階 企画展示室
2018年3月4日(日)まで
月曜日休館
午前9時〜午後5時(金曜、土曜は午後8時まで)