お花の仕入れに行ってきました–大田市場花卉(かき)棟

今週末の結婚式で使うお花を大田市場で買ってきました。

大田市場は、東京の臨海部にあります。周りは工場や倉庫が建ち並ぶ工業地帯です。大田市場の切り花、鉢物を扱う市場は、魚や青果を扱っいてる市場とは別棟になっています。花卉部は、取り扱い規模が日本一だそう。
セリが行われる会場入り口。私はセリには参加できません。
大田市場 セリ会場
私が購入するのは、場内にある仲卸さんから。10軒近くあります。それぞれ扱っているお花が違ったりするので、ぐるぐる回って購入します。お花は、大抵の場合、10本単位での購入です。
セリが行われる曜日が決まっていて、切り花は、月、水、金です。仲卸さんが店頭に並べるのもその曜日のみ。従って仕入れできるのも月、水、金です。土日に婚礼のお仕事がある場合は、金曜日に仕入れることがほとんどです。ユリやヒヤシンスなど購入してから咲かせる必要のある物は、事前に仕入れることがありますが。
今回は、水曜日に仕入れました。木曜の夜から雪の予報がでているので。仕入れにいけなくなる危険性と入荷も減るのではと考えたからです。冬場でもあるので、水曜仕入れでも花は保つだろうとふみました。
市場は、沢山の種類があるので興奮します。お店で見ないようなお花もあります。つい予定より多く買ってしまったりします。新しいお花もチャレンジしなきゃと言い訳しています。
見学コースもあるので、一般の方も見に行く事ができます。ただし、曜日と時間を気をつけないと、ガラーンと何もない寂しい状態です。月、水、金の午前7時頃がお勧めです。