江戸諸国萬案内 江戸歴史検定公式テキスト(中級編)

今年の秋に江戸文化歴史検定の2級を受検予定です。受検準備でテキストを読んでみました。初級編に続き中級編です

このテキストからは、2級の問題は5割出題されます。じっくり読まねば。
初級編よりページ数も増えて本文235ページ。15代歴代将軍の名前や幕府の役職、大奥の組織など表も沢山出てきます。覚えないといけないのかな?くらいは、書けるようにしよう。面白いと思ったのが、寺社奉行の下にある碁所(ごどころ)という役職。将軍への碁の指南役だそうです。そんな役職もあるんですね。大奥も大所帯で1000人近くいたそう。役職もたくさんあります。
今年のお題が「江戸のヒロインたち」なので、女性に関する記述部分から先に読みました。女性は出産子育てが期待された役割で、良い結婚のために玉の腰をめざしたそう。あんまり変わってないような。
江戸城内のことだけなく、農村の新田開発や蝦夷地、貿易の拠点となった長崎出島の記述もあります。範囲広いです。
試験となると記憶する事が勉強になってしまうのですが、興味のある分野から楽しみながら勉強します。

江戸歴史検定公式テキスト初級編の紹介は
こちら

投稿者プロフィール

カエラ
飯塚裕美(蛙号 カエラ)
カエルグッズ大好きのカエラー。
黄緑色にすぐ反応します。
緑つながりで、植物、庭園散歩も好きです。
さらに緑つながりでお茶も好き。


詳しいプロフィールはこちら