がっかり名所とよばれる札幌時計台は本当にがっかり?

日本三大がっかり名所の一つと言われる札幌時計台。古建築好きの私には、なんで ?と思います。ちっともがっかりじゃないんですが。

夕暮れに訪問しました。ライトアップされていてきれいです。外国人観光客の方々も多く訪問されていて、記念写真を撮っています。
札幌時計台
内部は見学できて、時計台と札幌農学校の歴史を紹介する展示があります。時計台は明治9年に開校した札幌農学校の演武場として、明治11年に校内に建設されました。農学校の2代目教頭ホイーラーが平面プランを作成し、開拓使の技術者安達喜幸らが設計監督しました。アメリカ人の指導によるのでアメリカの建築様式です。
札幌農学校の模型。演武場は(時計台)は敷地の真ん中にありました。
札幌農学校模型
赤い星は開拓使のシンボルマーク
赤い星 五領星
外壁材は、エゾマツかトドマツ。
時計台外壁材
札幌農学校の卒業生。そんな方もという驚きも。
札幌農学校卒業生
札幌農学校卒業生
二階は、講堂のようになっています。教会の礼拝堂のような雰囲気です。明治の札幌農学校時代のイスや机を再現してあるそうです。カップルが4組くらいいましたよ。デートスポットなんでしょうか。
時計台 講堂
時計の実寸大の模型があります。構造がわかって面白いです。
時計台 時計
時計台 時計の構造
西部劇にでてきそうな階段。
時計台 階段

古い木造建築の良さを味わえます。楽しめる観光スポットです。

基本情報

旧札幌農学校演武場 時計台 HP
住所 札幌市中央区北1条西2丁目
開館時間 8時45分~17時10分(入館は17時まで)
料金 大人個人:200円(高校生以下無料)大人団体:180円(20名以上の場合)

投稿者プロフィール

カエラ
飯塚裕美(蛙号 カエラ)
カエルグッズ大好きのカエラー。
黄緑色にすぐ反応します。
緑つながりで、植物、庭園散歩も好きです。
さらに緑つながりでお茶も好き。


詳しいプロフィールはこちら