断捨離したいのに捨てられない物たち

年末だからというわけでなく、いつも物を減らしたいと思っているんです。けれども捨てられない物があります。

キッチン用品と衣類は整理できました。料理はあまり得意ではないので、道具も最低限のラインがわかるのです。衣類も、ファッションにあまり興味がないので着ていないものをばっさり捨てることができます。捨てられないのが次の3つのグループです。


フラワーアレンジメントの資材
庭仕事道具

本でも、手放せないでいるのが植物や菌類に関する書籍。持っていると安心なんですよね。読まなくても。余命何ヶ月とか言われたら、若い樹木医さんに全部あげられるのにと思っています。
フラワーアレンジメントの資材とは、花器やリボン、オアシス、ラッピング用紙、水揚げ用のバケツ10個近く。年に1、2回ウェディングのお仕事があるくらいなんです。特にバケツは場所をとっています。100円ショップのバケツで代用できればいいのですが、やはりお花専用バケツが使い勝手がいいんです。
庭仕事道具は、作業服、地下足袋、ゴム足袋、ハサミ類。庭木の手入れの仕事をしていたので、いろいろと持っています。自営での仕事はもう辞めてしまったので、いらないんです。けれど、たまに知人の手伝い仕事があるので持っています。

気づいているんです。物を捨てられないのではなく、やってることを捨てられないって。フラワーアレンジの仕事も庭仕事も。たまにしか無い仕事なんです。すっぱり辞めるって決めてしまえば、関連する道具も捨てられます。わかっているけどやめられない。