ファンはさらにファンになる よなよなエール大人の醸造所見学ツアー2017に参加しました。

大好きなビール、よなよなエールを造っているヤッホーブルーイングさんの醸造所見学へ行ってきました。(2017年9月16日に参加したレポートです)

予約してチケットを入手

見学ツアーは、いつもやっているわけではなく、期間限定で行われています。今年は7月から10月の土日を中心にツアー日が組まれていました。参加費は1,000円。安いです。公式通販サイトでチケットを購入します。

ツアーへ

醸造所は、長野県佐久市。北陸新幹線佐久平駅からタクシーで20分の所にあります。見学ツアーの最後にティスティングがあるので、マイカーで行けません。飲まない運転手がいればいいのですが。
ツアーの開始前からウェルカムビール

ウェルカムビール

ツアー開始

まずはビールの材料についてお勉強。材料は、麦芽とホッブ、酵母、水が必要です。

ビール材料
ホップはビールの香りに大きな違いをもたらします。
割ると中からよい香りが。

ホップ
エールビールとラガービールは、酵母の違いと水違いも。エールビールは、硬水で、ラガービールは軟水なのだそう。日本のほとんどのビールがラガービールなのは、納得しました。

ビール工程

醸造所内に潜入

麦汁をつくっているタンク。麦汁も飲ませてもらいました。甘い。

麦汁タンク
酵母を入れて発酵させている部屋。室温を0℃に設定されていて、寒い!

発酵タンク
できたてビールもいただきました。

できたてビール
缶に封入する工程。音が大きくて、人の話し声はかき消されます。

ビール缶詰

おまちかね、テイスティング

1種類づつ、特徴の説明があり、実際に飲んでみます。

ビール試飲開始

よなよなエール
私は苦みが強いのは苦手なので、この軽井沢高原ビール シーズナル2017が好みでした。

軽井沢高原ビール
並べると色の違いがわかります。

試飲ビール
カエラーさん達に話題の「僕ビール、君ビール」についても質問しましたよ。ティスティングの中には入っていませんでしたが。
僕ビール、君ビール ローソン限定販売

僕ビール君ビール
工場直販コーナーで限定ビールを購入。よなよなオリジナルビールグラスとトートバッグも購入しました。

工場内直売

今日のミチガエル

働いてる社員さんがみんな若い。20代〜30代がほとんどという印象。楽しくお仕事されているのが伝わってきました。楽しくお仕事されている会社が造るビールは美味しいにちがいない。そう思わせてくれました。ビールの製造工程も勉強になりましたが、造っている所を見ると親しみが増しました。

投稿者プロフィール

カエラ
カエラ
飯塚裕美(蛙号 カエラ)
カエルグッズ大好きのカエラー。
黄緑色にすぐ反応します。
緑つながりで、植物、庭園散歩も好きです。
さらに緑つながりでお茶も好き。


詳しいプロフィールはこちら