かわいい子がいました/冬の公園の楽しみ 冬芽観察会/新宿御苑散歩

冬のこの時期、かわいい子達に出会えますよ。葉っぱを落とした樹木を見てみましょう

新宿御苑での冬芽観察会に参加しました。

出会った子たち

ハチジョウキブシ
雨に濡れてしっとりしています。

ハチジョウキブシ冬芽

ハンカチノキ
はっきりとしたお鼻だち

ハンカチノキ冬芽

アジサイ
顔がペコッとくびれています。小さい腕をひろげているようです。

アジサイ冬芽

トチノキ
芽はベタベタしています。顔が大きいので写真が撮りやすい

トチノキ冬芽

イチョウ
双子ちゃんが顔をそろえています。

イチョウ冬芽

落葉樹は、秋に葉を落とし、冬の間を小さい芽で過ごします。葉を落とした痕を葉痕(ようこん)と言います。葉っぱをしまっている冬芽の部分が帽子で葉痕が顔に見えます。

冬芽から木の名前を知るには

これ、何の木だろう?と冬芽の図鑑を見ます。しかし、慣れないとなかなか木の名前までたどり着かない!
参加者の一人だった冬芽番長によると
「冬芽から、その木の名前を見つけるほうが簡単。葉がでてきて、新芽が展開してるほうが分からない」冬芽の方がわかり易いそうです。
「葉っぱは個体差があったりするけど、冬芽は変異がないから」なんだそうです。
図鑑と冬芽をたくさん見て、慣れるしかなさそうです。
冬芽番長の名言
「冬芽は裏切らない」
参考にした本はこちら
冬芽図鑑

fb:app_id