神代植物公園 生物多様性センターでブラブラ研修会 ナンバンギセルに驚いた

樹木医仲間プラス樹木医でない人たちとブラブラする、ゆるい研修会に参加しました。

会うのが、2、3年ぶりという人も。コロナで対面の研修は控えていましたからね

神代植物公園の分園である生物多様性センター。東京都内で自生する植物を展示しています。都内と言っても街中の植物ではなく、丘陵地の武蔵野地区や山間部の多摩地区、島嶼部の伊豆諸島地区の植物です。

ナンバンギセルがモリモリ

ナンバンギセルがモリモリでびっくりした!鉢植えで情報館前に置いてありまたし。ナンバンギセルは、イネ科の植物に寄生する植物。形がタバコを吸うキセルに似ているからついた名前です。

ナンバンギセル
ナンバンギセル

情報館の中では、面白い展示が。

セミ

セミの紹介と共に、取ってきたセミの抜け殻を貼ってねという展示。抜け殻の特徴も細かく書かれていて、取ってきた抜け殻がどのセミかわかるようになっています。抜け殻で何セミかわかるなんて知らなかった。

アブラゼミ抜け殻
アブラゼミの抜け殻

アブラゼミが圧倒的に多い

秋の花たち

きれいな花も咲いていました。ちゃんと名札がついているのでありがたい。気になった花たちをご紹介。

ヌスビトハギ
ヌスビトハギ

花が萩に似ています。この実がひっつき虫で服にひっつきます。

カリガネソウ
カリガネソウ

花弁の上のクルンがかわいい

バアソブ
バアソブ

ツル性の植物。下向きに咲いている花です。なんでこんな名前?

ガガブタ
ガガブダ

水性植物です。花がみんなこっち(太陽側)を向いているのがかわいい

この研修に若い方々が参加していて、とても勉強熱心。先輩樹木医に熱心に質問したり、メモをとったり。向上心あふれていて圧倒されます。この熱心さは忘れてるなぁ。若い方々に刺激を受けました。

神代植物公園 生物多様性センター